技術情報 土木設計 地盤調査 測量調査


【土木設計】


左上の写真は、自然が多く残されている横浜市内の北部地域を流れる河川の護岸改修設計を行ったものです。
 川魚が泳ぎ、それをついばむ水鳥が飛来し、虫の音も多く聞こえるような豊かな環境をこの改修により損なわないよう、護岸形式や各部材の選定を行いました。 《設計のポイント》  護岸は、強度・屈とう性・経済性とともに、親水性・景観・生態系に配慮し、環境護岸(多自然型護岸)としました。
 また、階段護岸は、景観の連続性を持たせた構造のものとし、歩いたり、しゃがんだり、座って休憩の取れる構造にしました。経済性を考慮し、既存施設の根継ぎは利用する構造にしました。
 そして、水生生物の河川と護岸との往来を妨げないように、ふとんかごや植栽ロールを用いて陸地との連続性を持たせました。